定期購入システム(カート)の導入におすすめ!単品リピート通販に評判のシステムをランキングでご紹介!

侍カート(株式会社FID)の画像

おすすめポイント初心者でも問題なくはじめられるよう、機能が充実

4位にランクインしたのは、マーケティングサービス「侍広告」やコールセンターサポートサービス「侍コール」で知られる株式会社FIDが提供している「侍カート」です。

この株式会社FID会社はインターネットマーケティング、ならびにシステムサポートにおいては「侍シリーズ」の開発販売によって高い評判と知名度を獲得しています。

そんな侍シリーズのひとつである侍カートに関して私の個人的なレビューを簡潔に述べるのであれば、「はじめてECサイトを制作する方にも使いやすいサービスがそろっている」といったところです。

たとえば誰でも簡単にECサイトの作成をすることが可能となるテンプレートや、特定の周期で簡単に商品を入れ替え販売することのできる定期購入機能など、ECサイト立ち上げにあたっては欠かすことのできないさまざまな機能がそろえられており、はじめて事業に参入される方にとっては比較的はじめやすい定期購入システムなのではないかなと思います。

その反面、もっととがった機能を求めているという方にとっては、少々物足りないところもあるかなと個人的には思うのですが、それは人によってくるでしょうね。

テンプレートを利用して、WEB知識がなくてもECサイトを簡単に作ることができる

侍カート(株式会社FID)の画像
この侍カートに関しては、公式HPにて「ECサイトに特化したサービス」を謳っていることからも、インターネットショッピングサイト、とくに定期購入サイトの全般的なサポートを行ってくれるシステムの開発にしっかり力を入れるというのが会社としての姿勢のようです。

そうした姿勢もあって、ECサイト運営者向けのサービスは豊富にそろっていると言えます。

どちらかと言えばこの侍カートは、比較的初心者、インターネット通販サイトを運営したことがないという「ネットショップ1年生」的な人々に向けたサービスに対して注力を行っているようですね。

そうした侍カートの姿勢がよくうかがえるのは、「テンプレート」です。

テンプレートというのはある種の型紙やひな形、すなわち特定のなにかを作るにあたって土台となってくれるような「お手本」のことです。

WEBサイトにもテンプレートというものは存在しておりまして、「こんなにきれいなWEBサイトをいったいどうやって作成したのだろう」と思いきや、案外テンプレートをいじくっただけということがしばしばあります。

この侍カートでは、ECサイト用のテンプレートを用意してくれているようです。

これの通りに作成を行えば、WEBサイト制作に関する知識がなくても簡単にECサイトを作ることができるようになっています。

これならば、「ネットショップを運営したいけれど、WEBの知識がないから手が出せない」といったことも起こり得ないでしょう。

また、このECサイトは必ずしもテンプレートを使用して作らなければならないというわけではなく、WEB制作に関する知識の豊富な方は、持ち前のWEB言語知識を活かしてサイトを作成すればよいでしょう。

ただ、個人的に指摘をするならば、テンプレートがいったいどのようなものがあるかということについて、できるだけ具体的な説明があればよいなと感じさせられました。

やはりECサイトと言えど、デザイン性の高さ、ビジュアル性の高さについてはとても重要です。

有料のテンプレートであってもそうした点に関して配慮がなされておらず、適当なデザインのものも多々見受けられるので、そうしたことをご存じの方は「テンプレートで簡単に作れる!」とはならないでしょう。

侍カートの詳細について詳しく知りたい

経済的な情報を扱うさまざまな大手メディアへの掲載実績あり

侍カート(株式会社FID)の画像

この侍カートですが、かなり多くのメディアにおいて情報が掲載されたという実績があるようです。

「〇〇新聞に情報が載った!」という宣伝文句は若干古典的であり、場合によっては陳腐さすら感じられてしまうものの、それでも高齢者をはじめとする一部の層にはいまだ高い効果を誇る宣伝内容です。

この項目では、この侍カートがどのようなメディアに取り上げられたのかということについて解説をおこなっていきましょう。

媒体としては、経済全般を扱うインターネットサイトが多かったです。

まず先頭で紹介されているのは「財経新聞」です。それほど高い知名度ではありませんが、設立12年というWEBサイトとしては長い部類に入る歴史を持ち、経済情報に関するソースとしても高い信頼性を誇っています。

そんな財経新聞にも、この侍カートに関する情報が掲載されました。

また、「ASCII.JP」にも掲載されました。

こちらのサイトは経済情報や注目商品に関するニュースを扱っており、その知名度や利用者もかなり高くなっています。

ひょっとするとこのサイトを閲覧されている方の中にも、ASCII.jpの読者がおられるかもしれませんね。

その他にも「朝日新聞DIGITAL」や「YOMIURI ONLINE」「SANKEI.BIZ」など、四大紙と言われるような大手新聞社のニュースサイトにも掲載実績があります。

こうした知名度の高さは、やはりある種の武器になり得そうですね。

しかし、個人的には、「〇〇に載った」というよりも、「〇〇もこのシステムを使っている」という宣伝文句の方が魅力を感じられるのですが、いかがでしょうか。

定期購入機能によって特定の周期で商品を販売することができる

侍カート(株式会社FID)の画像

この侍カートはECサイト専門を謳うだけあり、ECサイト運営に必要となってくるであろうシステムに関しては一通りそろっているようです。

人によっては若干の物足りなさも感じてしまうかもしれませんが、いわゆる「ビギナー」の方にとってはそういったことはあまり感じないのかもしれませんね。

たとえば、定期購入機能なども備わっています。

これは、指定の商品を購入しておくことで、特定の周期でその商品の販売を行うことができるというシステムです。

他の定期購入システム業者も採用しているシステムであり、それほど珍しいものではありませんが、それでもあれば便利というもの。

いちいち商品の入れ替えを行うためにて手続きを行うといった手間が必要なくなるので、大幅な余剰時間の発生が期待できるでしょう。

またその他、定期購入を行わせるための方法として、登録フォームを埋め込んだ一体型のLPも提供されており、基本的な機能は整えられているといってもよいでしょう。

このシステムの特徴を他のシステムと比べてみると……?

そんな侍カートについてですが、最後に他の定期購入システム業者とそのサービスの内容、そしてサポート体制についてリサーチしてみました。

さまざまな観点から比較を行ってみましたが、個人的にこの侍カートに関しては、他業者のサービス、とくにサブスクストアと比較すると、やや特徴的ではないというか、「どうしてもこのサービスを使いたい!」という魅力にかけているような気がしました。

サブスクストアが充実したサポート体制を備え、顧客カルテやタグ機能、そして大手インフラ企業との連携等さまざまな面でサービスを充実させているのと比べると、あくまで個人的ではありますが、選ぶ理由としてはやや弱いかなと感じてしまいます。

とは言っても、侍カート自体はECサイト、ならび単品リピート通販サイト運営にはなくてはならないサービスを満遍なく備えており、やはりさまざまな媒体で取り上げられるのも納得のシステムではないかなと感じます。

会社情報

・会社名:株式会社FID

・住所:東京都新宿区西新宿3-2-27オーチュー第7ビル3F・5F

・電話番号:03-6911-3800

・電話受付時間:平日10:00~18:00



イメージ 1
2
3
4
5
会社名 サブスクストア リピスト EC Force 侍カート カラーミーリピート
魅力 簡単なシステムにも関わらず顧客情報を細かく管理できる精度の高いCRMを実現! 離脱しにくい商品ページ一体型申し込みフォームにより、カート落ちを防ぐ! クレジットカードや後払い決済、代金引換など多数の決済方法があり便利! LPに登録フォームを埋め込むことで、ユーザーのページ離脱率を下げることが出来る! 販売開始まで無料で利用できるため、ゆっくり導入のための準備をすることが可能!
おすすめポイント① 1,400社以上が使うカートシステム 効果の「見える化」による測定・分析 購入まで最短2クリック 豊富なマーケティングツール 審査不要でカード決済利用可能
おすすめポイント② ステップメールで顧客にアプローチ 電話受注システムによる顧客対応 シンプルで見やすいインターフェイス 申し込み月は無料で利用可能 ランディングページ作成までわずか10分
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく




サイト内検索
記事一覧