定期購入システム(カート)の導入におすすめ!単品リピート通販に評判のシステムをランキングでご紹介!

定期購入システムの導入と合わせて考えたい定期売上を上げる方法

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/25

定期購入システムを導入しているショップは多く、定期的な売り上げを確保することに繋げることができています。さまざまなサブスクリプションコマースを利用すると定期売上を更に伸ばすことが可能です。

この仕組みはユーザーが毎月決まった金額を支払うことにより、販売者が選択した商品やサービスなどが提供されるサービスです。

買い忘れを予防することができる

定期購入システムを導入しながら、いろいろなサブスクリプションコマースを利用すると定期売上を伸ばすことができます。サブスクリプションは申込みや予約購読を意味する言葉で、書籍といったものを定期購読するように期間単位において料金を支払うことです。

日本でも食品や化粧品といった販売で見られるように、毎回同じアイテムが定期的に届く定期購入や、一定のテーマで集約されたアイテムが月替わりで届くような頒布会などもあります。これらは現在のサブスクリプションコマースのモデルルーツになっていて、既存の運営方法とは違っていろいろな商材の多様性があげられます。

一昔前の定期購入型システムは近所では手に入りにくいものや、高級なものが主流でした。現在では、スーパーマーケットで購入することができるような、身近な日常品にまで拡大されています。このサービスは利用者にとっては、毎回注文し支払いを行う手間を省けることができ、買い忘れを予防するといったメリットがあります。

サービス提供側であるショップにとっては、都度課金型と比較すると継続的に安定した利益を得ることができ、ユーザーと継続的な関係が築くことができれば、ニーズに応じた商品を開発し、提供することが可能になるでしょう。

商品はもちろんさまざまな導入事例がある

最近では、商品販売はもちろん、さまざまな業界においてこのサービスを提供しています。たとえばファッション業界の場合、通常の購入型モデルがありますが、毎月一定料金でさまざまな服をレンタルすることができるサービスや、決められた期間において返却するレンタル型サービスが増えています。

レンタル型サービスはセンスの良いキュレーターが選んだ最新ファッションを楽しむことが可能です。ミニマリストと呼ばれているアイテムを多く持たないスタイルが好評で、そのようなニーズに合致した手法でもあります。

ソフトウェアのライセンス契約においてもこのサービスが広がっていて、ビジネス向けアプリや画像加工アプリといったライセンス契約が対象です。ソフトウェアライセンスは支払うことによる永続型が主流でしたが、月単位や年単位で支払い、決められた期間だけに対してライセンスが提供される方法もあります。

このように、サブスクリプションコマースは形を変えながら進化していて、インターネットや消費者のライフスタイルの変化に応じて、いろいろなサービスが作られていくことが予想されます。定期購入システムを利用しながら、従来の購入型はもちろんレンタルタイプなども今後増えていくことが予想されるでしょう。

付加価値にはいろいろな種類がある

定期購入システムを導入しながら、さまざまなサブスクリプションコマースを利用すると、定期売上を向上することが期待できます。

クライアントに提供されている付加価値にはいくつか種類があり、例えばキュレーション型の場合、他では手に入らないような価値あるものを購入したいというように消費者心理に訴えるものがあります。キュレーションによって高い付加価値を感じることができ、ある程度高くても支払うような富裕層をターゲットにして成功したショップは多くあります。このようなタイプは、有名人や芸能人からお墨付きを与えられるといった戦略が用いられてきました。

コンビニエンス型の場合、日用品といった身近な消耗品が対象になります。ターゲットとしては、外出や買い物が困難で、費用がかかったとしても代行してくれることを求めているような消費者です。髭そりグッズや靴下など、日常的な商品を定期的に配送しているサービスを提供します。

トライアル型の場合、試供品型とも言われていて、購入する前に試供品を使いたい消費者向けのサービスです。女性の化粧品などが代表的で、多くの商品を試したいとい思われるような商品に向いています。

 

付加価値やニーズの変化など伴い、サブスクリプションコマースはこれからも成長するでしょう。定期購入システムを利用することによって、定期売上を上げることが可能です。従来からある購入型に加え、現在ではレンタルタイプなどいろいろな種類が増えています。

サイト内検索
記事一覧