定期購入システム(カート)の導入におすすめ!単品リピート通販に評判のシステムをランキングでご紹介!

定期購入システムでできるインターネット広告に関する機能とは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/10

定期購入システムを導入することで、インターネット広告に付与できる機能と、新しい支払い方法が選択できます。システムを導入することで、インターネットショッピングにおいて消費者とシステム利用者側にそれぞれどのような利点があるかを解説し、一方でシステムが対応していない場合においてはどのような問題があるかも説明します。

商品の受発注を一元して管理することができる

定期購入ができる商品のインターネット広告から購入者への商品の受け渡しができるほかに、品物の在庫の管理などを行うことができるのが、定期購入システムの主な機能です。

これは、消費者と取引をする場合、定期的に品物を届けることを名目に作られたシステムで、利点としては定期購入者へ品物をお届けする際、販売管理者は発注業務と購入履歴から見る物品のニーズなどの情報を一元管理することが容易であることが挙げられます。

つまり、たくさんの顧客の発注業務などを一元管理し、わかりやすくインターフェース上で表示することで定期購入システムが対応しているサービスや物品においては管理が容易になるということです。

ただし商品が定期購入システムに対応しているインターネット広告品であることが前提で、対応していない品物やサービスについては、商品の受発注の情報や購入履歴を分析し、マーケティング戦略としてデータを活かすことができません。しかし、それらの問題についても、商品を定期購入システムに対応させることで問題が解決されます。

大手物流企業と提携し商品を届けることができる

商品販売者にとって重要なポイントである商品の配送法ですが、従来の物流システムでは、商品を購入者が購入後、適切な輸送業者を販売者が選び輸送法を選定していました。

しかしこの方式では、通信販売による購入者が年々増加傾向である現在においては、購入者のお届け先まで配送する輸送業者を販売者が一から選んでいかなくてはならず、時間が大きく失われます。

ところが、定期購入システムを導入することで、大手の物流企業と提携することにより適切な輸送システムを構築できるのです。これにより、商品の輸送に関し、輸送漏れや損壊などのほか、届かなかったという情報を一元管理することが可能となります。

また、定期購入システムが導入されているインターネット広告から購入をした消費者のデータを収集し、適切な配送をすることができます。そのため、顧客の購入情報などを収集し、データ化することで次に顧客が商品を定期的に購入する時期なども予測することが可能となります。

煩わしい支払い方法を解決することが可能となる

定期購入システムの導入では、煩わしい支払い方法であるコンビニ支払いのほか、銀行振り込みなどの支払い方法以外を選択することが可能となります。これは、クレジットカード決済のほかコンビニ後払いなど商品が到着後に支払う決済方法などを指します。

定期購入においては、相手側のサービスを提供する企業との信頼関係が構築されているものと仮定した場合、購入するたびに、購入者側が購入資金を直に支払っていたのでは購入者側の負担が大きくなります。また、商品が届いていないのにもかかわらず商品代金だけを先に支払ったなどの問題が起きた際、サービスを提供している企業側は大きく信頼を失ってしまいます。

しかし、クレジットカードや商品が到着した後に支払うことができるコンビニ後払いなどのシステムを導入すれば、購入者側の負担を減らすことが可能となり、定期購入システムが適切な処理をすることで商品の売れ行きなどをデータ化しやすいというメリットも生まれます。

 

定期購入システムを導入しているインターネット広告の機能としては、在庫の管理機能が付与され、それとともに購入者側の支払い処理においても選択肢が広がります。銀行振り込みやコンビニ先払いなどの支払い方法以外に、クレジットカードやコンビニ後払いなどの支払い方法が選択できるということになるのです。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 サブスクストア リピスト EC Force 侍カート カラーミーリピート
魅力 簡単なシステムにも関わらず顧客情報を細かく管理できる精度の高いCRMを実現! 離脱しにくい商品ページ一体型申し込みフォームにより、カート落ちを防ぐ! クレジットカードや後払い決済、代金引換など多数の決済方法があり便利! LPに登録フォームを埋め込むことで、ユーザーのページ離脱率を下げることが出来る! 販売開始まで無料で利用できるため、ゆっくり導入のための準備をすることが可能!
おすすめポイント① 1,400社以上が使うカートシステム 効果の「見える化」による測定・分析 購入まで最短2クリック 豊富なマーケティングツール 審査不要でカード決済利用可能
おすすめポイント② ステップメールで顧客にアプローチ 電話受注システムによる顧客対応 シンプルで見やすいインターフェイス 申し込み月は無料で利用可能 ランディングページ作成までわずか10分
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく




サイト内検索
記事一覧